5ステップで完成させるサバイバル式レポート作成術(通信制大学向け)

4月 30, 2019 0 Comments

こんにちは。 令和になり、もう10日が過ぎましたが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。 自分は、ゴールデンウィーク中は引きこもり生活を送っていたので、新しい時代を感じることなく平常運転の毎日を送っています。 そのおかげという感じなのですが、先…

慶應義塾大学サバイバルのヒント:適切な研究フォーマット

慶應義塾大学に適応しようとしている場合は特に、適切な研究論文を作成することは困難です。あなたはあなたからの教授の期待に備える必要があります。期待がかなり高いので気に入らない教員もいます。要件に合わせるには長い時間がかかります。 

移行を容易にするために、慶應義塾大学での研究中に採用した調査形式と方法論をまとめました。何年にもわたってキャンパスに滞在してきた私は、この方法から多くの恩恵を受けてきました。それをあなたと共有する時が来ました、私のKi KoKe読者。 

この研究形式は、非常に要求の厳しい教授との多くの要件を通して私を助けてくれました。このフォーマットは本格的な研究論文用なので、できるだけ詳しく説明します。

5つのステップ

研究論文を始めるための5つの主要なステップだけがあります。ただし、各ステップは非常に詳細であり、調査をさらにコンテキスト化するのに役立ちます。大学の論文を書くには、多くの努力、分析、批判的思考が必要になります。この形式に従うと、事実を正しく理解するのに役立ちます。 

このKiKo Keの記事では、各ステップについて後で1つずつ説明しますが、今のところ、これは私の研究論文で従う形式です。 

  1. ステップ1:何を書くかを
    1. 問題
    2. 決定するを理解するテーマを決定して理解する
  2. ステップ2:収集する必要な情報情報を
    1. 検索
    2. する関連資料を読む
    3. メモを取る
  3. ステップ3:段落 
    1. するメモ
    2. を作成を文章で書く
    3. すべての文章を組み合わせる
  4. ステップ4:段落を接続する段落を
    1. 分類する段落を
    2. 型に入れる段落を
    3. 論理的にする
    4. 段落強化
    5. をするそれぞれの説明を追加する第章
  5. 5:最後の仕上げを追加する
    1. メモ、引用、および参照
    2. 段落と結論を追加
    3. 校正
    4. する必要に応じて改訂を

する5つのステップを説明する

ステップ1:何を書くかを決定

する教授がクラスに研究プロジェクトを割り当てるとき、最初に行う必要があること何を書くかを決めることです。先生が何を期待しているのかについての一般的な考えは与えられていますが、それでもあなたが書くべきだと思うものにそれを絞り込む必要があります。 

書く必要があるものを絞り込むには、タスクで何をする必要があるかを解読する必要があります。あなたが答える必要がある特定の問題はありますか?あなたが議論する必要がある中心的な問題はありますか?手元にあるこのタスクであなたの教授の目的を知ってください。特定の問題や問題に絞り込んだ場合、コンテンツの基礎ができました。 

その後、この論文のテーマを理解する必要があります。さて、あなたが自分でそれを理解しなければならないので、教授はこれについてあなたを助けることができません。あなたの論文のテーマとあなたが学術的な方法でそれにどのようにアプローチするかについて創造的になりなさい。あなたはあなたのアプローチを調査することができます。あなたがストーリーテラーなら、それをあなたの文章スタイルに流してみましょう。 

さらに、コンテンツは次の3つの主要部分に適切に配布される必要があることに注意する必要があります。 

  • はじめ
  • に論文の本体 
  • 結論

これらの各部分には、ユーザーの流れを維持するのに役立つ機能があります。トピックに関するアイデア。イントロダクションでは、読者があなたの論文で何を期待すべきかについての簡単な要約を提供します。一方、本体には、議論の要点がすべて含まれている必要があり、選択したさまざまなソースからの引用もすべて保持されている必要があります。結論として、あなたはあなたの主なアイデアをサポートするためにあなたのすべての議論を一緒に織り込むでしょう。 

ステップ2:必要な情報を収集する裏付けるために

すべての大学の論文で、主張と議論をリソースを調査する必要があります。適切な情報源がなければ、あなたの論文は根拠がなく不正確になります。紙のマークが低くなるので、それは望ましくありません。 

研究論文を始めるとき、あなたは2つの異なる種類の情報源を見つけなければならないでしょう。その1つがオンラインソースです。さまざまな検索エンジンで見つけることができる無料のオンラインのさまざまなリソースがあります。それは大変なプロセスですが、適切な情報源を見つければ、論文を書くのは簡単です。 

また、主張を裏付けるために、学術書、雑誌記事、調査研究などの従来の情報源を見つける必要があります。さらに、学術目的で使用できる研究をアーカイブするさまざまなWebサイトがあります。あなたはこれらの論文を見つけることに精通している必要がありますが、あなたがあなたの論文を埋めるのに十分な情報を集めたら、あなたは行ってもいいです。 

文献レビューを迅速に追跡するための良い方法は、次のプロセスを通じてそれを読むことです。 

  • 文脈的読書 -目次、章のタイトル、および見出しをスキャンして、リソースが何であるかをよりよく理解します。 
  • スキミングとスキャン -資料をすばやく読んで、トピックに関連する調査の重要な部分を見つけます。 
  • キーワードの読み方 -関連文献にも掲載されている、論文に必要な適切なキーワードを見つけます。 
  • 集中読書-紙に使用するすべての資料を注意深く読んで、何も見逃さないようにします。 

大学に滞在している間、私は常に文脈とキーワードの読書が論文を書くのに役立つことに気づきました。これらのプロセスは、プロセスをスピードアップし、目前のトピックで必要な必要な情報を絞り込むのに役立ちます。 

ステップ3:段落段落 

を作成するどのようにを作成しますか?アカデミックライティングは通常とは異なります。他のタイプの文章と比較してはるかに形式的であるため、有効な引数を作成するには、適切に構成された段落を用意する必要があります。 

研究論文では、関連文献に関するメモやメモを整理する必要があります。あなたはあなたの議論を主張するのを助けることができるメモとさらなる研究を必要とするものを分離しなければなりません。補足調査を終了し、これらのメモから文を作成します。 

これらの独立した文章は、研究論文の本文を書くときにあなたの主張を裏付けるのに役立つあなたの証拠として機能します。コンテンツの構造を説明できるように、これらの文を別々の段落にリストしてください。それはまだきれいで徹底的である必要はありません。あなたがする必要があるのは、すべての情報を分類し、それをまとめてまとまりのある構造を作ることです。 

ステップ4:段落を接続

する研究論文の大まかなドラフトができたので、メモをまとまりのある段落に接続できるはずです。これらの段落を分類してまとまりのある文に書く必要があるため、ここで執筆の大部分が行われます。

議論して指摘したいことで各段落を分類します。これを念頭に置いて、次の型に文を適用できます。 

  • 前提 
  • ディスカッション 
  • 結論 

このように段落を構成すると、主張に対して提示するアイデアに明確な違いがあります。前提では、問題と裏付けの研究を指摘し、結論に達するまで段落の途中でさらに議論します。 

この型の各段落は相互に接続されます。論理的な方法で段落を書くと、これを行うことができます。物事を正しい順序に保ち、原因と結果の形式でクレームを記述します。それはあなたの教授があなたが言いたいことを理解するのを助けるでしょう。 

段落がアウトラインと一致していることを確認してください。あなたの議論の要点から離れすぎないでください。あなたの教授と研究を読む人があなたの議論に従うのに苦労しないように、常にそれを要点と有益なものにまっすぐにしてください。 

ステップ5:最後の仕上げを追加

する調査の本体が完成したので、最後の仕上げを追加してタスクを完了することができます。研究の冒頭に序文を追加して、論文の要約として役立ててください。序文は、あなたの読者があなたの論文を読む際に何を期待するかについて知らされるように、研究が何であるかを説明します。さらに、アイデアを具体的な結末に形作る結論も追加する必要があります。

研究で最も重要なことの1つは、論文に挿入したすべての引用と参考文献をクレジットすることです。論文の最後のページに、あなたの教授があなたが論文にどのような研究とリソースを入れたかを見ることができる付録を追加してください。 

調査が完了したので、文法上の誤りがないか論文を校正し、必要に応じて修正する必要があります。この実証済みのテスト済みの方法は、大学での困難な時期を乗り切るのに役立ちました。大学のサバイバルのヒントをもっと知りたい場合は、ここKi Ko Keで私のブログをチェックしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です