ビリギャルよりビリから慶應を通信で卒業しました!-卒業までの勉強法書いていきます-

高校中退から高卒認定試験を受けて、慶應義塾大学の通信教育課程を卒業しました。 卒業まで5年間において自分が得た、経験や知識をブログに示していきたいと思います。

八重山諸島の紹介⑴石垣島編(概要、観光スポット、絶対行って欲しい場所)

ビリギャルよりビリから慶應を通信で卒業しました (@kEbS6KLG1JE3wsE) on Twitter

【日本最南の都会があるリゾート島 石垣島】

石垣島の概要

位置 北緯24度・東経124度
大きさ 約223平方キロメートル
人口 約49000人

日本で最も南に位置する都市がある石垣島は、政治、経済、観光、交通など、さまざまな面において八重山諸島の中心です。
離島巡りをする場合も石垣島の離島ターミナルが拠点になります。

石垣島では、2013年に新空港ができてから観光客が激増しました。
人口5万人の島に年間150万人もの観光客が押し寄せます。観光シーズンには何もかもがキャパオーバになって、名物の石垣牛も不足しているようです。

八重山諸島では唯一、都会的なショッピングやグルメが味わえますが、もちろんマリンスポーツや自然のアクティビティも体験することができます。

石垣島は、都会と自然をともに満喫することができる島です。いい意味で観光化しているので、滞在しても退屈しないと思います。

レンタカーで観光することがオススメですが、余裕があれば路線バスで車窓の旅をしながら、観光地に行くというのはどうでしょうか。
路線バスは、1日乗り放題で1000円です。
購入した時点から24時間使用できます。

路線バスは、離島ターミナルを拠点にして石垣島各地に走っています。有名な観光地には路線バスで行くことは可能です。
また、離島ターミナルから空港までの路線にも使用できます。
1日目は観光に使い、次の日には空港に行く交通手段として使えば、かなりお得だと思います。
レンタカーと違って運転しないので車窓もゆっくり楽しめます。
時刻表とにらめっこしながら、予定を立てることも、乗り物好きの人なら楽しみになると思います。
のんびりできる人はぜひどうぞ。
【石垣島のバス】石垣空港から市街地&ホテルへの行き方まとめ!

観光スポット

玉取崎展望台
f:id:kobun2ki:20190212175029j:plain


平久保崎
f:id:kobun2ki:20190212175452j:plain


吹通川のヒルギ群落
f:id:kobun2ki:20190212185646j:plain


米原のヤエヤマヤシ群落
f:id:kobun2ki:20190212185832j:plain


米原ビーチ
f:id:kobun2ki:20190212185231j:plain


川平湾
f:id:kobun2ki:20190212190006j:plain


御神崎
f:id:kobun2ki:20190212190209j:plain


唐人の墓
f:id:kobun2ki:20190212190544j:plain


観音崎灯台
f:id:kobun2ki:20190212190828j:plain


絶対行って欲しい場所

御神崎灯台
石垣島の北西部に位置する、夕日が有名なスポットです。
普段は入ることができない灯台の周りが展望スペースのようになっています。
展望スペースからの景色は、それだけでも十分に訪れる価値があるものです。
年に一回の灯台記念日には灯台の中も一般公開されるようです。
灯台の脇にある崖の上には菩提像が立っています。
夕焼けの時間に訪れると神秘的な雰囲気が漂っています。
離島ターミナルから車で30分程度で、道もわかりやすく、アクセスも悪くないです。
駐車場は10台ほどあります。
夕日と菩提像と灯台を組み合わせたいい雰囲気の写真が撮れるので、写真好きの方にもオススメです。


f:id:kobun2ki:20190217095102j:plain灯台の下は広場になっています。


f:id:kobun2ki:20190217095048j:plain立派な灯台です。


f:id:kobun2ki:20190217095040j:plain写真では分かりにくいですが、お供え物が岩の真ん中にあります。
神聖な場所のように感じ近づくのをやめました。


f:id:kobun2ki:20190217094728j:plain夕暮れ前です。


f:id:kobun2ki:20190217095050j:plain海はコバルトブルーというよりは深い青色でした。


f:id:kobun2ki:20190217100908j:plain観音菩薩像が見守ってくれています。


f:id:kobun2ki:20190217095839j:plainこの場所で夕日を見る常連の方もいました。


f:id:kobun2ki:20190217095848j:plain日が落ちてくると人が多くなってきました。


f:id:kobun2ki:20190217095908j:plain観音菩薩像と夕日が組み合わさり、神秘的な雰囲気です。


f:id:kobun2ki:20190217095901j:plain一日が終わろうとしています。


f:id:kobun2ki:20190217095921j:plain日が沈んだ後です。


西表から来ていたおじいさんです。
夕日や星について色々と教えてくれました。
おじいさんが書いたこの絵もいただきました。
本当にありがとうございました。


f:id:kobun2ki:20190217095501j:plain下から見上げた夕暮れ後の御神崎です。水面が真っ赤に染まっていてついつい車を止めてしまいました。



旅行中の動画も作成しました。
できるだけ現地に行った感覚になればと思いほぼ編集なしです。
見にくい部分があるかもしれませんがよければご覧になってください。

【動画】
八重山諸島ぶらり旅①石垣島編(Ishigaki Island) - YouTube

【参考にした書籍】

人生を変える南の島々。日本編

人生を変える南の島々。日本編

【ツイッター】
ビリギャルよりビリから慶應を通信で卒業しました (@kEbS6KLG1JE3wsE) on Twitter
はじめました。ブログで記事にはしていない、いろんなこと書いてます。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。
次回は、八重山諸島の第2回目として、西表島について記事にしたいと思います。