ビリギャルよりビリから慶應を通信で卒業しました!-卒業までの勉強法書いていきます-

高校中退から高卒認定試験を受けて、慶應義塾大学の通信教育課程を卒業しました。 卒業まで5年間において自分が得た、経験や知識をブログに示していきたいと思います。

八重山諸島の紹介⑷竹富島編(概要、観光スポット、絶対行ってほしい場所)

ビリギャルよりビリから慶應を通信で卒業しました (@kEbS6KLG1JE3wsE) on Twitter

【手軽に異国気分を味わえる観光島 竹富島】

竹富島の概要

位置 北緯24度 東経124度
大きさ 約5.5平方キロメートル
人口 約350人

竹富島は、石垣港から船で10分の場所にあるアクセス抜群のロケーションです。
そのような場所ということもあり、八重山諸島の中では石垣島の次に観光客が多い島です。
竹富島は、起伏が少なく展望台を除けば、集落の屋根が一番高いような観光しやすい島です。
集落内にはサンゴの石垣と赤瓦の屋根の家が立ち並び、昔ながらの沖縄の風景をみることができます。
観光客が多いせいか、他の八重山諸島と比べると観光地化が進んでいます。
牛車が集落内を回っていいて、フォトジェニックな風景を写真におさめることができます。
もちろんビーチで海水浴も楽しめます。
人気の海岸であるカイジ浜には、星の砂と呼ばれる原生生物の有孔虫の殻が堆積したものを見つけることができます。
手軽に異国気分を味わえる竹富島は、離島巡り初心者の方向けです。はじめての離島という方はぜひどうぞ。

観光スポット

ビジターセンター
f:id:kobun2ki:20190218061635j:plain

集落への道
f:id:kobun2ki:20190212202208j:plain

西桟橋
f:id:kobun2ki:20190212202549j:plain

コンドイビーチ
f:id:kobun2ki:20190212202625j:plain

カイジ(星砂浜)ビーチ
f:id:kobun2ki:20190212202754j:plain

喜宝院蒐集館300
f:id:kobun2ki:20190212202902j:plain

赤煉瓦の街並み
f:id:kobun2ki:20190212202945j:plain

仲筋集落
f:id:kobun2ki:20190212203017j:plain

絶対行って欲しい場所

赤瓦屋根の集落群

赤瓦屋根の家、それを囲う昔ながらの石垣、そして石垣の外にある舗装されていない道を進む牛車。竹富島の集落を歩いているとタイムスリップしたような、又は異国にきたような感覚になります。
赤瓦屋根の民家には真新しい建物もありますが、いい意味できれいに観光地化されていると言えます。
竹富港のすぐそばにある、観光客用の案内所ビジターセンターでお話を聞いていると、昼もいいけど、ぜひ夜の竹富を味わってほしいと言われました。
西桟橋のサンセット、南十字星を見ることができる星空、幻想的な雰囲気を醸し出す夜の集落、どれもいいけれど一番体験して欲しいのは本当の暗さと言われました。
街灯のない竹富島の夜は、恐ろしさを感じるくらいに暗闇を体感できると言われました。反対に月がどれほど明るいのか実感できるということらしいです。
残念ながら宿が取れずに、夜の滞在は叶わなかったのですが、ぜひ次回に1泊したいと思いました。
その日は多くの宿が閉まっていました。
理由は、与那国島で祭りがあるので、参加するために休んでいるところが多かったようです。
あと一番有名な旅館では、法要のようなものが行われてました。近隣のみんさんも参加されていたようで周辺の宿もすべて休みでした。
そのような行事によって、生活が変わってくるところも島ならではなのかなと思いました。
竹富島への船は便数も多く、思い立ったらすぐに行けるので石垣島にきた際はぜひどうぞ。

f:id:kobun2ki:20190212202118j:plain港のすぐ前にある、この場所から集落への道が始まります。


f:id:kobun2ki:20190218055851j:plainこんな形の島です。


f:id:kobun2ki:20190218055908j:plain整備された道が15分くらい続きます。


f:id:kobun2ki:20190218055829j:plain集落の入り口です。


f:id:kobun2ki:20190218055840j:plain集落はこんな感じになっています。


f:id:kobun2ki:20190218055934j:plain
f:id:kobun2ki:20190218060700j:plain赤瓦屋根とサンゴ石塀の景色が続きます。


f:id:kobun2ki:20190218055944j:plain学校も色鮮やかです。


f:id:kobun2ki:20190218060718j:plainf:id:kobun2ki:20190218054215j:plain動物はのんびりしてます。


f:id:kobun2ki:20190218060820j:plainf:id:kobun2ki:20190218060805j:plain牛車も牛も休憩中です。


f:id:kobun2ki:20190218060909j:plain島の中で一番高い場所です。


f:id:kobun2ki:20190218060814j:plain16世紀に竹富島で活躍した人物である西糖が祀られている御嶽です。御嶽は神社など違い、神聖な地として立ち入り禁止になっているようです。



f:id:kobun2ki:20190218060915j:plain
f:id:kobun2ki:20190218053819j:plainf:id:kobun2ki:20190218060733j:plain島の南側に位置する仲筋集落には、新しくて、おしゃれな建物が目立ちました。


f:id:kobun2ki:20190218060730j:plain次は是非泊まりで滞在したいです。

動画
八重山諸島ぶらり旅④竹富島編(Taketomi Island) - YouTube

参考にした書籍

人生を変える南の島々。日本編

人生を変える南の島々。日本編

ツイッターはじめました。ブログで記事にはしていない、いろんなこと書いてます。
ビリギャルよりビリから慶應を通信で卒業しました (@kEbS6KLG1JE3wsE) on Twitter

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。
次回は、八重山諸島の第5回目として、黒島について記事にしたいと思います。