ビリギャルよりビリから慶應を通信で卒業しました!-卒業までの勉強法書いていきます-

高校中退から高卒認定試験を受けて、慶應義塾大学の通信教育課程を卒業しました。 卒業まで5年間において自分が得た、経験や知識をブログに示していきたいと思います。

日本の有人離島を旅する(小豆島編)

小豆島の概要

【世界7位に選ばれた瀬戸内の小豆島】

位置 北緯34度・東経134度
大きさ 約153平方キロメートル
人口 約28500人

瀬戸内海に浮かぶ小豆島は、香川県に属する中で最大の島で、日本では19番目に大きさです。

今回、小豆島を訪れたきっかけは、アメリカの有力紙ニューヨークタイムズの記事で訪れるべき観光地世界7位に選ばれたことでした。

yousakana.jp

小豆島単独ではなく、瀬戸内の島々が選ばれたのですが、前から行きたかったと思っていたので、このタイミングで訪島することにしました。

映画やドラマのロケ地などにもよく利用される小豆島は、瀬戸内海の穏やかな自然があり、離島のなかではほどよく開発もされている、バランスのとれた島であるという印象を受けました。

車であれば1日でも回ることができる島で、分かりやすく観光地が存在するので、ファミリーの1泊旅行などにも持ってこいの場所だと思います。

島へのアクセスですが、神戸、姫路、高松などから船が出ています。
今回は、高松からフェリーに乗る経路をとりました。
高松から渡ると、3日以内に帰る場合復路のフェリー代(車プラス1名)が無料になるというキャンペーンをやっていたのです。

マイカー無料キャンペーン|ジャンボフェリー 高松−小豆島ライン

自分の家からだと、神戸や姫路の方が近いのですが、ついでに香川県でうどん食べたりしようと思っていたので高松の方にまわりました。
かなりお得だと思います。


小豆島はもともとアズキ島と呼ばれていました。そう呼ばれているだけあってアズキがよくとれたそうですが、今はオリーブに主役を取られています。

小豆島は、日本でのオリーブ発祥地になっていて、オリーブの木々が栽培されている景色を見ることができます。

食でいえば、オリーブ、醤油、そうめんが有名です。

そうめんづくりは、16世紀の終わりに独自の手法が確立されたそうです。
小豆島は、16世紀にはキリシタン大名小西行長の所領でした。
17世紀、九州で島原の乱が起きた後、小豆島から島原に移住した人がいたそうで、移住者がそうめんづくりの技術を伝えました。
その後、島原もそうめんの名産地となり、現在は小豆島のライバルになっています。

小豆島は3年に一回開催される瀬戸内国際芸術祭の会場になっています。
本年2019年は開催の年になっていて、世界7位に選ばれたこともあり、観光客が増加しそうです。

観光スポット

【小豆島】

二十四の瞳映画村
f:id:kobun2ki:20190324154753j:plainf:id:kobun2ki:20190324154716j:plain


岬の分教場
f:id:kobun2ki:20190324154701j:plainf:id:kobun2ki:20190324154709j:plain


千枚棚田(こまめ食堂)
f:id:kobun2ki:20190324154825j:plainf:id:kobun2ki:20190324154816j:plainf:id:kobun2ki:20190324154819j:plain


オリーブ公園
f:id:kobun2ki:20190324154913j:plainf:id:kobun2ki:20190324154926j:plain


エンジェルロード
f:id:kobun2ki:20190324154906j:plainf:id:kobun2ki:20190324154915j:plain


迷路の町
f:id:kobun2ki:20190324154929j:plainf:id:kobun2ki:20190324155014j:plain


マルキン醤油記念館
f:id:kobun2ki:20190324155024j:plainf:id:kobun2ki:20190324155021j:plain


【香川県西部】

紫雲出山
f:id:kobun2ki:20190324155226j:plainf:id:kobun2ki:20190324155139j:plain


父母ヶ浜
f:id:kobun2ki:20190324155313j:plainf:id:kobun2ki:20190324155303j:plainf:id:kobun2ki:20190324155242j:plain


銭形砂絵
f:id:kobun2ki:20190324155340j:plainf:id:kobun2ki:20190324155330j:plain

絶対行って欲しい場所

【二十四の瞳映画村】


f:id:kobun2ki:20190327110316j:plain
入口を抜けると昭和にタイムスリップしたような感覚になります


f:id:kobun2ki:20190327104042j:plain
看板がいい味出ています


f:id:kobun2ki:20190327104031j:plain
こんな風に服を干していたのでしょうか


f:id:kobun2ki:20190327110321j:plain
f:id:kobun2ki:20190327110311j:plain
この場所が本当にいい雰囲気でした。この旅行のベストプレイスです


f:id:kobun2ki:20190327104312j:plain
f:id:kobun2ki:20190327104259j:plain
f:id:kobun2ki:20190327104243j:plain
f:id:kobun2ki:20190327104341j:plain
f:id:kobun2ki:20190327104144j:plain
映画のセットがそのまま残されています


f:id:kobun2ki:20190327104406j:plain
f:id:kobun2ki:20190327104327j:plain
映画を見たことある人なら分かりますでしょうか


f:id:kobun2ki:20190327104130j:plain
佃煮アイス。恐る恐る食べましたが、普通に美味しかったです。キャラメル味でした


f:id:kobun2ki:20190327104159j:plain
f:id:kobun2ki:20190327104129j:plain
映画を知らなくても大丈夫です
滞在しているだけでのんびりとした気分になれるのでぜひ行ってみてください


【動画】
youtu.be


【参考にした書籍】

るるぶ香川 高松 琴平 小豆島 直島 '20 (るるぶ情報版地域)

るるぶ香川 高松 琴平 小豆島 直島 '20 (るるぶ情報版地域)


【ツイッター】
ビリギャルよりビリから慶應を通信で卒業しました (@kEbS6KLG1JE3wsE) on Twitter


今回の旅行で少し感じたことを書かせてください。
小豆島から四国本島に渡った後、ニューヨークタイムズで世界7位と紹介された写真の場所である紫雲出山に行きました。
その後、娘がリクエストしていた父母ヶ浜という海岸に向かいました。

父母ヶ浜という場所は、海面が鏡のようになって、幻想的な雰囲気の写真が撮れると若者の間で話題になっているスポットです。世界遺産であるウユニ塩湖の日本版のような感じです。

実際訪れると、失礼な言い方になるかもしれませんが、本当に普通の海岸でした。そんな海岸に、3月という時期にも関わらず、おびただしい数の人がいました。少し異様な感じがしました。

ほとんどが20歳前後の方で、みんな一生懸命に写真を撮っていました。
風船を持ったり、ポーズを決めたり、みんなでジャンプしたり、さまざまな写真を撮っていました。
その日はそこまでいい天気ではなかったので、みなさん撮影に苦戦しているようでした。

自分も写真を撮ることは好きだし、若者文化に入っていきたい方だけで、少しついていけなかったです。やはりおじさんだなと思いました。

たしかにきれいな写真は撮れるけど、
すぐ近くの紫雲出山はほぼ貸切状態で虹も出てきたし、本当にきれいでのんびりできるのに、みんなもったいないなと思ったりしました。

すいません、脱線しましたが、小豆島はとてもフォトジェニックな島です。
きれいな海、昭和風の街並み、インスタ映えする風景などなど、写真を撮りたくなる場所が盛りだくさんです。
海沿いの町が好きな人で、のんびり写真でも撮りながら過ごしたいなと思っているようならグッドプレイスです。
関西圏なら、目の前に浮かんでます。思い立ったら吉日。
明日にでもいけるので、ぜひ訪れてみてください。


f:id:kobun2ki:20190324154512j:plain


今回も読んでいただいてありがとうございました。