ビリギャルよりビリから慶應を通信で卒業しました!-卒業までの勉強法書いていきます-

高校中退から高卒認定試験を受けて、慶應義塾大学の通信教育課程を卒業しました。 卒業まで5年間において自分が得た、経験や知識をブログに示していきたいと思います。

慶應通信とお別れしました

こんにちは。

新型コロナウイルスの影響で慶應通信の科目試験は中止らしいですね。

嬉しいのやら、悲しいのやらみなさんはどちらでしょうか。

科目試験の受験票は一応発送されるそうです。慶應通信からの連絡事項が受験票に書いてあるらしいので、受験予定だったみなさまはご注意ください。

 

今回は慶應通信とお別れするという記事です。

慶應通信からの科目試験の連絡メールを見て急にブログを書きたくなりました。めちゃくちゃ久しぶりの投稿です。

 

卒業から今年度まで2年間、教職課程の科目等履修生として在籍していましたが、2020年の3月をもちまして一時的に学習活動を中断することにしました。

教職課程の学習は残すところ教育実習だけだったのですが、諸事情により教員を目指すことを休む決断をしました。理由は一つではなく、さまざまな要因が重なった結果です。

3月10日が継続登録申込みの締切でしたがギリギリまで本当に悩みました。

一度中断しても、また学習を再開することは可能なのですが、いくつかの問題点があります。

 

一つは、教育実習に関する実力テストを再受験しなければならないということです。

慶應通信の教職課程では、教育実習を実施する程度の学力が備わっているかを確認するために各科目に関する筆記試験が行なわれています。

問題は中高レベルなのですが、出題範囲が中高の範囲全てなのでとても広く、学習の参考となる文献も教えてもらえず勉強することが大変です。過去問は慶應通信の事務局に行ってその場で閲覧をできるだけなので対策も立てにくいです。

自分は本当にギリギリの点数で合格したのですが、運が良かって受かったという感じでした。

通学生と肩を並べながらテストを受けるという、いつもと違う環境に緊張した記憶があります。

もし、一度離席して再登録すると、その実力テストをもう一度受験することになります。教員になれば、覚えなければならないことですが結構大変です。

 

二つ目の問題点としては、2019年度より導入された教職の新課程により、取得が必要な科目が増えることです。

教職課程は2019年度から、法改正によって新しい履修課程が導入されました。2018年度以前に登録している人は旧課程での規定が適用され、継続登録する限り、旧課程での学習を進めることが可能です。

しかし、一度継続を中断して新たに登録した場合には新課程が適用されます。その場合、旧課程において取得していない、新課程における必須科目の単位を取得する必要が出てきます。

慶應通信で学習している方はご存知だと思いますが、単位を一科目取るだけでもかなりの労力が必要です。教職課程に関する科目はさらに難易度が上がります。

多くの単位が新たに必要にはならないと思うと事務局の方から説明を受けましたが、これも不利益を受けるポイントだと思います。

 

このような問題点を回避するために、とりあえず継続登録しておくという方法もありましたが、今は中途半端なことをしたくないと思い継続登録の申請を見送りました。

 

学習中断を決めてから1週間以上が経ちましたが、今年度も教職課程の学習は無かったので特に実感はなくあまり気にもとめずに過ごしていました。

今回慶應通信からの科目試験に関するメールを見たときに、寝不足状態で緊張しながら科目試験の会場に向かう自分の姿が、ふと頭に浮かびました。それからいろいろ思い出し、同時に辞めることの実感もわいてきて、急にブログを書きたくなりました。

 

慶應通信に在籍している時は、頑張ってたなと思います。基本的には学ぶことは好きなのですが、単位のためにそれを超える勉強をしいられることも多々ありました。仕事をしながらめちゃくちゃ勉強して、労力と時間を使い、さまざまな欲を断ち切り、大変なことばかりだったけど、今考えると大人になってからあんなに夢中になって何かを出来ることとか無かったなあと思いました。

科目試験もスクーリングも、卒論指導も、今では全ていい思い出になっています。その時は心身ともに追い詰められていたこともあるのに。人間勝手なものだとは思います。

 

いろいろ思い出して考えて、みなさんに伝えたいことが一つ思い浮かびました。

それは、頑張って学習したことは後で絶対いい思い出として残るということです。卒業すればなおのことだと思います。だから卒業目指してとりあえず頑張ってください。コツコツやれば卒業に近づいて行けるのが慶應通信だと思います。最長12年もありますし。もし卒業できなくても、一生懸命やっていたら、後でいい思い出になります。

 

すいません。

とりとめもない内容になってしまいました。

教職課程の前から合わせると7年以上在籍した慶應通信と寂しいですが、一度距離をおいてみます。お世話になったみなさまありがとうございました。

 

新型コロナウイルスで日本中大変なことになっていますが、みなさんもお体にお気をつけて勉学にお励みください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。